新着情報

2018年04月21日 (土)

ことし初めて真夏日予想 注意を

4月21日の関東甲信越地方は、日中、晴れて気温が上がり、ことし初めての真夏日になるところがある見込みです。気象庁は、まだ体が暑さに慣れていないことから、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。21日の関東甲信越地方は高気圧に覆われて晴れ、強い日ざしが照りつけて各地で気温が上がる見込みです。日中の最高気温は、前橋市と甲府市、埼玉県熊谷市で30度とことし初めての真夏日が予想されています。

2018年04月20日 (金)

富士吉田市や大月市などで震度2

20日午前8時57分ごろ、県東部・富士五湖を震源とする地震があり、富士吉田市などで震度2を観測しました。県内各地の震度は、震度2が富士吉田市、大月市、富士河口湖町。震度1が甲府市、山梨市、北杜市、笛吹市、上野原市、甲州市、富士川町、道志村、西桂町、山中湖村、鳴沢村、小菅村、丹波山村となっています。気象庁の観測によりますと、震源地は県東部・富士五湖で震源の深さは20キロ、地震の規模を示すマグニチュードは3.6と推定されています。

2018年04月19日 (木)

今日から晴天続く 週末に向かって気温はぐんぐん上昇

4月19日(木)は、全国的に晴れて気温が上がり、暖かな春を感じられそうです。けさの最低気温は10℃前後のところが多いものの、日中は20℃を超えて、東海から西では25℃の夏日に届くところもある見込みです。日本列島は週末にかけて高気圧に覆われて晴天が続く見通しで、日に日に気温があがる予想となっています。特に4月22日(日)は甲府や熊谷など関東の内陸部を中心に30℃以上の真夏日となる可能性があります。
体調管理にお気を付け下さい。