新着情報

2017年07月27日 (木)

山梨県に高温注意情報

山梨県内は27日、日中の最高気温が35度以上の猛暑日になるところがある見込みで、甲府地方気象台は高温注意情報を出して熱中症に十分な対策をとるよう呼びかけています。甲府地方気象台によると、27日、日中の最高気温は甲府市で35度と予想され気温が30度以上の時間帯は午後5時ごろまで続く見込みです。
気象台は水分をこまめに取り、冷房を適切に利用するなどして熱中症に十分な対策を取るよう呼びかけています。

2017年07月26日 (水)

高齢者、山梨県民3.5人に1人 過去最高28.8%

県は25日、今年の「高齢者福祉基礎調査」の結果を発表しました。4月1日時点の65歳以上の高齢者人口が24万2065人(前年比3606人増)で、総人口に占める高齢化率は、全国平均を1・3ポイント上回る28・8%(同0・6ポイント上昇)となりました。いずれも記録がある昭和54年以降、過去最高となりました。県内の高齢者のうち、後期高齢者(75歳以上)が51・3%、前期高齢者(65?75歳未満)は48・7%となり、18年以降、後期が前期を上回る状況が続いています。
県健康長寿推進課は「推計上、全国より3年早く高齢化が進んでいる。今後もこの傾向が続くと予測される」としています。国立社会保障・人口問題研究所の平成25年推計によると、本県の高齢化率は3年後の32年に30%を越え30・8%、37年には32・5%に達する見込みです。

2017年07月25日 (火)

高校生が本栖湖湖畔を清掃

富士五湖のひとつ、本栖湖の湖畔で夏休み中の高校生たちが清掃活動を行いました。
この清掃活動は身延町の県立峡南高校の生徒会が中心となって30年以上前から行っているもので、24日は夏休み中の生徒と教職員、およそ50人が参加しました。生徒たちは一人一人ごみ袋を持って湖畔の道路をおよそ8キロにわたって歩き、草むらなどに捨てられた空き缶やペットボトル、タオルなどを拾い集めていきました。1時間半ほどで作業は終わり、拾い集めたごみは軽トラックの荷台、半分ほどになりました。
生徒会長の川崎七瀬さんは「ごみの量は年々少なくなっていると感じます。協力して清掃活動をすることで達成感が得られるのでこれからも受け継いでほしい」と話していました。