ニュース

2020年04月10日 (金)

感染防止 こんな環境に注意を

新型コロナウイルスに感染しやすい環境は、対面で互いに手を伸ばしたら届く距離で会話などが一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境だと考えられています。特に高齢者や持病のある人は、こうした場所や機会をできる限り避けることが大切です。病院や施設での面会を控えるようにしましょう。毎日の健康管理も大切です。高齢者や体調の優れない方は、朝と夕方、体温を測りましょう。

2020年04月01日 (水)

全国初の“火山防災職

山梨県は、富士山の火山防災対策を強化するため、火山防災の専門知識を持つ「火山防災職」という全国初の行政職員を配置した「火山防災対策室」を、1日、富士吉田市に新たに設置しました。火山防災対策室は県が富士山の噴火対策を強化するための部署で、「火山防災職」という、火山学について大学院で学び火山防災の専門知識を持つ全国で初めての行政職員を含め3人が配置されます。そして、ふだんは火山の防災対策や防災訓練などの業務を行うほか、緊急時には噴火災害の際などの拠点となる現地対策本部となります。

2020年03月20日 (金)

献血ルームでキャンペーン 花の消費拡大を呼びかけ

花の消費拡大を呼び掛けるキャンペーンが3月20日山梨県甲府市の献血ルームで行われました。このキャンペーンは式典の中止が相次ぎ、花の需要が減少していることから県と生産者の団体が実施しました。この日は甲府市の献血ルームを訪れた人に県の職員が、南アルプス市で生産されたトコナツナデシコを1人3鉢ずつ合計で100セット配りました。一方、新型コロナウイルスの感染拡大で外出する人が減ったことなどから献血に協力する人が減少し、県赤十字血液センターは引き続き献血への協力を呼びかけています。